【大手出版社からオファーが!】

コンサルティングを受けて2ヶ月後に、大手出版社から紙の本を出版された方のインタビューです

 

【年収を167倍にする英語のアファメーション】

1日3分で学べる英語のポジティブ・セルフトーク無料音声はこちら

詳細は、こちら

ブラック・フライデー限定無料プレゼント

ブラック・フライデー特別企画として

ひとことほめ言葉を

本日20~22時まで

無料プレゼントします。

 

ご希望の方は

こちら

または

LINE@

プレゼント希望とお送りください。

 

↑ 写真は昨年

アメリカの家族から届いた

クリスマス・プレゼントです。

ブラック・フライデー

こんにちは

ウィルシュキ朝乃です。

 

「dad(ダッド:お父さん)に、

クリスマス・プレゼントのリスト送っといて」

今日は、年に1度のアメリカ物価最安値の日。

ブラック・フライデーです。

 

感謝祭の金曜は

仕事も午前だけ。

しかも、上司のおごりで

ビールやピザを注文したり。

 

職場によっては

高級レストランのシャンパンで乾杯して

コース料理をたのしんだりもあるそうです。

 

また、ブラック・フライデーから

クリスマスまでは

1年でもっともお金をつかう時期。

クリスマス商戦のはじまりです。

 

映画『しあわせのポートレート』では

母親役のダイアン・キートン

この時期だけで6,000ドル(70万)

毎年つかっているとグチるほど。

 

あったこともない親戚、同僚、近所の人

ありとあらゆる人とプレゼントを送りあいます。

 

「dad(ダッド:お父さん)に

プレゼントのリスト送っといて」

わが家にも

クリスマス商戦の波はやってきました。

 

Amazonの「ほしいものリスト」から

「私への贈り物は、これにしてね」

とリクエストするのです。

 

はじめのうちは

「贈り物をせがむなんて・・・」

とためらいもありました。

 

が、慣れとはオソロシイもの。

今では、ちゃっかり夏ごろから

「ほしいものリスト」に

どんどん溜めこんでいきます。

 

娘が、夫の実家に

プレゼントをせがんでるらしい。

と知ったとき

両親はショックだったそう。

「ごめんなさいね」

と謝っていました。

 

それをみて

「そうか!ワタシは、どうやら常識外のことをしてるらしいゾ!」

と気づいたものです。

 

こどもは、感謝祭のあとから

「どんなプレゼントをもらえるのかな?」とワクワク。

気もそぞろになり

たのしみに過ごします。

ランチ以外は。

 

というのも、感謝祭は

テーブルにのりきらない程のご馳走。

なくてはならない

ターキー(七面鳥)もほぼ余るのです。

あまったパサパサの

おいしくない七面鳥は

こどもの毎日のサンドイッチに変身。

なんと、1ヶ月も

毎日ターキーのサンドイッチ。

こどもには、地獄のランチ・タイムだそうです。

 

「なにを、贈ってもらおうかな?」

プレゼントを決めなければなりません。

「なるべく、早くね!」

そのほうが、お父さんも楽だし

クリスマス当日に届くからだそうで。

(郵便局も混むのです

このあたり、日本の年賀状と似ているかもしれません。)

 

クリスマス前、NYで。

ふらっと、郵便局に切手を買いにいくと

外までの長蛇の列。

たぶん、30人~40人はならんでいたと思います。

しかも、あいてる窓口は1つ。

 

あと4つは閉まっていて、

そのうち1つの窓口では

郵便局員がおしゃべりしながら

コーヒーやクッキーを食べている。

なんてことも、ありました。

 

それより、プレゼント。

う~ん、試着できる日本の服がいいかな。

いや、ハーブティーを頼もうか。

あ、それより甥っ子たちに何を贈ろうか?

そんな事をつらつら考えている

ブラック・フライデーでした。

 

P.S.  去年のクリスマスの写真です。

ブラック・フライデー限定無料プレゼント

 

最後までお読みいただいて

ありがとうございました。

Have a wonderful weekend!

ウィルシュキ朝乃 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  

ビジネスで活かす瞑想

成功したければ、手放す

その強すぎる思いが、遠ざける

こんにちは

ウィルシュキ朝乃です。

 

きょうは、瞑想について。

 

エゴとか

私利私欲とか

人に対するイヤな思い

自分のなかの葛藤

もんもんとした気持ちを手放す

 

1日1分で、できる瞑想について。

 

ジェットコースターのように

揺れまくる不安から

解放されるメソッドです。

 

個人的な体験もまじえ、お届けしたいと思います。

 

わたしは

目の前にやってきた事に

いちいち心が揺れます。

 

ただ、すぐ戻れるようになりました。

1分か、30分か、経つと。

 

今回、これを書くにあったって

「いつから、瞑想しはじめただろう?」

と、ふと考えました。

 

10年まえ

メンターのアラン・コーエン氏に

勧められのたがキッカケでした。

 

「1日2回、

朝晩の瞑想はしたほうがいい。

少なくとも20分は。」

 

めずらしい事もあるもんだ、

と思いました。

 

これしなさい

あれしなさい

といわない人なので。

 

それなのに

瞑想だけはするように

と強くやわらかくいいました。

 

よほど印象に残ったのだと思います。

 

とはいえ

ずーっとできていた訳ではありません。

 

1日1回の日もありました。

しばらく、しなかった時期も。

 

なんだか、生きづらくなって

また、瞑想しはじめたように思います。

 

ブームなのか

最近よく、瞑想について聞かれます。

 

友人とあっていて

「ちょっと瞑想するから」

と突然、目を閉じたから?

(そりゃ、聞かれないほうがオカシイ・・・)

 

「あ、瞑想してて、メッセ気づかなかった」

と返信したから?

(そら、聞くわな 汗)

 

それにしても

こちらが驚くほど反応されます。

 

「集中力がつく?」

「能率よくなる?」

と20代の人にも聞かれました。

 

「やってる人が、まわりで多くて」

興味をもっていたとか。

 

そういう時代なんでしょうか。

で、なぜ瞑想するか?

 

心が軽くなる

生きやすい

 

と書いたものの、ホントは

「ないと生きていけないから」

 

エゴとか

私利私欲とか

人に対するイヤな思い

自分のなかの葛藤

もんもんとした気持ち

 

それらが、洗い流されるような時間。

 

瞑想がなければ

ジェットコースターのように

心は揺れまくり

体も心も疲れはててしまいます。

 

だからといって

無理にはススメません。

 

走るのが、瞑想の人もいます。

料理

スイミング

登山

マウンテンバイク

などなど。

 

世界的に活躍してる

佐渡裕氏は

夜キッチンで

野菜をみじん切りにするのが

ストレス解消法だといいます。

 

お風呂にはいったり

さんぽしたり

ボーッとしたり

音楽をきいたり

本をよんだり

 

自分と向きあう方法は、人それぞれ。

 

ヨガや、いろんな瞑想法はあるのでしょう。

基本、ルールはない

(と勝手に思ってます)

 

する前より、した後に、

ちょっとでも心が軽くなったらOK

簡単です。

 

「ちゃんとできてるかな?」

「これでいいんだろうか?」

などと思う必要も、ありません。

 

とはいうものの

 

最初から20分するのは

あまりオススメしません。

 

1日1分、目を閉じて深呼吸するだけでも。

 

電車の中や

カフェ

信号まち

会議のまえ

イスにすわって

廊下など

 

トイレで目を閉じるといった男性もいました。

 

なかなか長続きしないなら

1日1分を、1週間だけやって

習慣化するのもいいかもしれませんね。

 

はみがきのように。

 

少しずつを

長くつづける

いいかもしれません。

 

わたしは、目の前にやってきた事に

今でもいちいち心が揺れます。

 

ただ、すぐ戻れるようになりました。

1分か、30分ほどで。

 

あなたのビジネスに

少しでもお役に立てたらうれしいです。

 

【ほめ言葉の音声3】

口コミで広げてくださる方もいて

ご好評をいただきました。

 

とても嬉しいです。

ありがとうございました。

 

まだ、聞いていない方はこちらよりどうぞ

◾︎ほめ言葉の音声3

 

落ちこみやすい

この時期

あなたの心も

温かくなりますように

Have a warm and peaceful week!

 

ウィルシュキ朝乃 

きっと、できる

ほめ言葉の音声をお届けします

こんにちは

ウィルシュキ朝乃です。

 

今日の音声は

あなたは

どれだけスゴイか。

 

★大切な仕事のまえ

★重要な会議のあさ

★取引先との商談にむかう車で

★人生の大きなターニングポイントの日

にご活用ください。

音声はこちらから、どうぞ

 

また

●いま一歩ふみだす勇気がほしい

●背中を押してもらいたい

●自信をつけたい

●テンションを上げたい

と思われる方は

ぜひ、どうぞ。

 

音声はこちらからお聞きください。