10/25(水)出版の覚悟!

【10/25(水)出版の覚悟!】

プロデューサーの時任悟さんと、うちあわせをしていたとき。

「名字もアレだし、英語をいれましょうか」

いくつかアイデアをだしていると、ふっと浮かんだコトバ。

Validation ( 承認 )

「じゃあ、こんな感じで」

時任さんが、表紙のイメージを描いてくれました。

 

それを目にし、思わず、こみ上げてきた涙。

「あ、こういうのアタシやりたかった…」

「アタシ、このために産まれてきた」

 

ハラの底から、熱いかたまりのような、ふかい感動がわいてきたのです。

「なんで、こんなこと言ってるんだ?」

と思いながら。

 

打ち合わせ中だし、泣かないようにしようとするのに、こみ上げてきて、しばらく絶句でした。

自分のすすむべき道や、うまれてきたイミを知ったときに、こういう瞬間はあると聞いてはいたものの。

まさか、あんなカタチでくるとは。

来週の水曜日に、Amazonから電子書籍がでます。

実家をでるときの子どもを送りだす、母親の気分ってこんなかな。