profile プロフィール

ウィルシュキ朝乃(うぃるしゅき あさの) モチベーションコーチ ヒーリングアート代表

 

1972年 鹿児島県鹿児島市生まれ

南山大学外国語学部を卒業、株式会社大日本ビジネスに入社、2008年上場前後の波動期を経て独立。

発売から1週間で、Amazonランキング6部門1位を獲得した「あなたの才能が開き、チャンスを実現する『裏』の成功法則」著者。

 

現在は、経営者や個人事業主、ビジネスオーナー、会社員にコンサルティングを通して、精神面での総合的サポートをしている。

結果をだす鍵は「人に承認をあたえること」と語る。「無理をしない、させない、ありのままでいい」をモットーとしている。

 

「起業して12年間、いちども役員報酬のでない状況だったクライアント」が激変。

コンサルティングを受けることで、自分の可能性に気づくきっかけを得て、

「不安に思う」から「ワクワクすると上手くいくと気づく」ようになる。

結果として、会社の業績が68倍、月収にいたっては8ヶ月後に600万になった。

 

「会社を立ち上げてから、いちども気持ちの安まらなかったクライアント」に急展開。

コンサルティングを受けることで、自分の才能に気づくきっかけを得て、

「心をすりへらす」から、「想像もしなかったことをできると信じる」ようになる。

結果として、10ヶ月後に新規事業を2つ立ちあげ、顧客にいたっては全国に拡大するようになった。

 

「仕事に復帰するも、1件の受注もない状況だったクライアント」が一変。

コンサルティングを受けることで自信をとり戻すきっかけを得て、

「自分を責める」から「なにも考えずにやりたいことをする」ようになる。

結果として、ベストセラー作家になり、仕事の依頼も増えた。

 

「40社以上で面接を受けるも、一社からも内定ももらえない状況だったクライアント」に大革命。

コンサルティングを受けることで自分を信じるきっかけを得て、

「やれることをやる」から、「本当にやりたかったことをすると求める」ようになる。

結果として、仕事の単価が17倍、年収にいたっては5年で167倍になった。などがその典型である。

 

「ニュースに仕事がとりあげられた」のをはじめ、クライアントの精神面だけでなく、実績にも大きく貢献している。

 

クライアントの事を誰よりも信じた上でコンサルティングをすることが最低条件。

 

複数の国籍、利害関係者等のバックグラウンドを感じる共感力を原則としている。特技は長所探し。学生時代にはアメリカ横断、本を3000冊読破という異色の体験をもっている。